臼井霊気療法のはじまり

臼井甕男(1865年-1926年)が「安心立命」の境地を求めて1922年(大正11年)3月に鞍馬山にこもり21日間の絶食を行い、21日目の深夜に脳天を貫く雷のような衝撃を受けて失神し、目覚めた時には治癒(ヒーリング)能力を得ておられました。それを霊気(靈氣、霊氣)と名付け同年4月東京に「臼井霊気療法学会」を設立。翌年1923年には関東大震災が起きたが、その際には負傷者の手当てに活躍したとされる。(1926年に死去。)

鞍馬山に21日間断食


様々な経験・体験から「人生の目的とは何か」という大命題の探求から、禅の道に入り、真の悟りともいえる安心立命(あんじんりゅうめい)の境地を目指し修行するも、どうしても悟りを得られず、悩みぬいた末に禅の師に相談したところ、こう言い放たれた・・・

「それなら一度死んでごらん」と答えられ

「自分の人生も、もはやこれまで」という覚悟を決め、1922年春に京都北東部の鞍馬山にこもって断食を始めました。修行のための断食と言うよりは、死を覚悟してのものだったらしいです。

断食(瞑想)に入り3週間目の真夜中ごろ、頭上より脳の中心部あたりに落雷をうけたような激烈な衝撃を感じ、そのまま意識不明の状態に陥る。 数時間後、ふと気がつくと夜が明け始めた頃で、心身爽快な気分に満ちて目覚め、その衝撃のときに感じたエネルギーが心身を貫き、体内との共鳴、一体感を達成し、求めていた悟りの境地を完成したことを知る。

悟りが得られたことに喜び勇んで山を降りる途中、石につまづき足の指の爪がはがれ、思わず手を当てたところ痛みが去り、血が止まり即座に治癒してしまったそうです。そして、山のふもとまで降りてくると、小さな食堂があり、主人が止めるのも聞かず腹いっぱい食べた。主人の孫娘が顔が腫れるほどのひどい虫歯で、頬に手を当てるとたちどころに痛みが引いた。さらに、家族にも試したところ即効的な効果があり、「広く世の中の人にこの力の恩恵を与えたい」との思いから、工夫研究の結果、自らだけものにするだけでなくこの能力を他人に伝授し、心身改善に活用する方法を見出す。

これが臼井霊気療法という手当て療法の始まりとされています。。

レイキの真髄

安らかで豊かな人生にするために宇宙に満ちあふれるレイキエネルギーを活用し
響き合いさらなる人生の価値をもたらすために手当てを入口とし
安心立命・悟り』を目指します。

  • 明るく楽しく
  • 安らかな心を持ち
  • 日々感謝して
  • 与えられた使命を果たし
  • 人に親切に

を心掛け、レイキと響き合い最終的には意識しなくても自然と
レイキと共鳴し合えるこことを目標とします。

レイキは「調和癒しのエネルギー」といわれヒーリングの能力も非常に高く
様々な病気や不調・悩みや心配・怒りや悲しみなどの不調和な波動と
響き合わないよう自己または他者のヒーリング(手当て)により
自分自身の波動を高めることを目指します。 

全てを宇宙に任せ日常の全てがレイキと響き合うとき真に安らかで
健康な人生が実現するでしょう。

レイキのある生活で全てをレイキに任せ実りある人生を送れるよう
レイキと響き合いレイキを信頼しご『安心立命悟り』を目指していきましょう。


欧米では医療保険の適応になるほどのレイキヒーリング
その能力は非常に高く、深いリラクゼーション効果を発揮します。
世界で最もポピュラーなヒーリングのひとつです。

レイキの特徴

  • アチューメント(霊授)を受ければ誰でもその日からレイキを使うことができる。
  • 一生涯にわたりその能力は持ち続けることができる。
  • 特別な訓練や修業など必要はなくヒーラーとなれます。
  • 手当てすることによりレイキが流れ、集中したりする必要もない。
  • レイキのエネルギーは必要箇所に必要な分届く
  • 氣(霊気)を入れたり抜いたりをする必要が無く自動的に調節される。
  • 相手のマイナスなエネルギーを受けにくい。
  • 時間や空間を超えた遠隔ヒーリングを身につけることができる。
  • 信仰は全く不要で、誰でも簡単に学べすぐに身に付く。
  • レイキは本来、皆が持っている能力で
    その能力を引き出しヒトの本質を向上させる。
  • 様々なボディーワークなどとも相性が良く併用することにより相乗効果をもたらす。
    (ヨガ・気功・瞑想・鍼灸・柔道整復・整体・マッサージ・アロマ・ヒーリング
    各種民間療法・医師・歯科医師・看護師・介護士・ヘルパー・理学作業療法士)


レイキの歴史

創始者:臼井甕男氏>(うすいみかお1865~1926)

  • 1922年(大正11年)
    • 57歳の時に京都・鞍馬山にて断食修行中
    • 21日目にして「一大霊氣」に触れ感応し悟りを開く

<林忠次郎氏>(はやし ちゅうじろう 1880~1940・海軍将校)

  • 臼井氏よりアチューンメントを受け師範(レイキティーチャー)になりレイキ療法の効果を高める新しい技法を導入。普及に努め
    現在『西洋式レイキ』の原型となる。

<高田はわよ氏>(たかた はわよ 1900~1980)

  • ハワイ・カウアイ島出身・日系二世
    • 自らの病をレイキ療法により、病気は8ヶ月で完治。
      その後林霊気研究会に入門1年間レイキ療法を学ぶ。
      ハワイへ帰国、現地にてレイキ・クリニックを開業
      ハワイにて林氏より師範認定を受ける。
    • 高田さんが養成した22人のレイキティーチャー達が
      世界へ普及


日本の霊気から世界のREIKIへ

ヒーラーになればセルフヒーリングはもちろん他の人もヒーリングできるようになります。

これは理論や理屈ではなく手当てすることにより自分自身の健康や人間性まで向上させる効果も備わり、
こんなハンドヒーリングは欧米では医療機関で実際に治療の一環として行われていたりもします。

イギリスなどでは患者自身が申し出れば健康保険の適応になっていたり、アメリカでは看護師の
必修カリキュラムになっていたり米兵のPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療に鍼などともに
役立てられたりしており世界を見回してもとてもポピュラーなヒーリングとなっています。

その入口としてまず自分自身を癒すセルフヒーリングがあります。

セルフヒーリングとしてのレイキ

あなたも私もみんなヒーラー

少し考えてみてください・・・みなさんはもうすでにヒーラーなんですよ!
それはなぜかと言いますと、お腹が痛い時、みなさんはどうしますか?お腹が痛いポーズをやってみてください。ほとんどの方はお腹に手を当てていませんか?実際に痛い時もそうするかと思います。ではなぜお腹が痛い時にお腹に手を当てるのでしょうか?と聞かれると多分答えられないと思います。

そこでこういう答えはいかがでしょう。

『ヒトの手には本来生まれながらにヒーリング能力(癒し)が備わっており、誰に教わるでもなし本能的に手を当て(手当て)して治癒を促している』と説明されると少しは納得していただけるのではないでしょうか。

レイキを習得するには・・・

 レイキを習得するのに訓練や修業のようなものは一切なく
講習を受講しアチューメントと言われる伝授を受けることにより
レイキの回路が開かれ、その瞬間から誰でもレイキエネルギーが
使えるようになり自分自身や他者にもヒーリングをすることが出来るようになります。

 一度開かれた回路は一生涯持ち続けその能力は無くなってしまうことはありません。
レイキが使えるようになればまず自分自身に手を当て
セルフヒーリング(自分自身を癒す)をして自己浄化に努めます。

そうすると不思議と少しずつ様々な変化が起こってきます。
レイキの最終目的は『安心立命・悟り』です。
「健康で幸せな生活」を目指します。

【レイキ講座へ】